介護士が異業種で働くのは難しい!待遇を良くする為の転職方法!

介護士は異業種への転職が困難

介護士が転職する際に注意したいのが、異業種への転職が困難である点です。介護士は専門的な知識や技術が必要な分、他の業種に生かせる能力やスキルが少なくなってしまいます。独自性が非常に強いためキャリアを活かすことが難しくなっているのです。

特に経験を積んだベテランほど転職は厳しくなり、第二新卒など比較的若い世代でなければ転職先自体が見つからないこともあります。特に地方ではこの傾向が顕著で、未経験で働ける業種となれば飲食店などに限られてしまう場合もあるのです。

正社員での転職は非常に厳しい場合があるため、同じ介護職で転職を目指した方が現実的な場合もあります。労働時間が長すぎて辛いなど、体力面や精神面で辛い部分がある場合は、一度派遣社員で働いてみるのも方法です。派遣社員であれば残業せずに帰れる職場もあるため、自分の生活とのコントロールをとりやすくなります。

ある程度落ち着いてから本格的に正社員の仕事を探すのも方法で、収入を得ながらスキルアップを目指すこともできます。派遣であっても資格取得のための補助や、各種手当が充実している施設も存在するため、自分の職場と比較してみるのも方法です。

場合によって派遣の方が月収が高いなど、プラスになることもあるからです。長期のキャリアで見た場合は正社員の方が得なことが増えますが、どの程度の待遇を得られるかは常にチェックしたいポイントです。地域によっても相場は異なるものの、人口などの変化により賃金の相場も大幅に変わります。

中には待遇の改善を行っているものの、制度の変化に追いついていない施設なども存在しています。将来性を考えて複数の観点から分析することもより良い職場を見つけるための重要なポイントなのです。

研修や勉強会で横のつながりも作る

介護士を続ける場合や、同じ業界で転職して待遇改善を目指す場合はスキルアップも重要になります。特にケアマネージャーの資格など、資格の取得で収入が大幅に上がるものも多いため、他人と差をつける大きなポイントになっています。転職の幅が広ければ、それだけ好待遇の職場も選びやすくなるからです。

また、研修や勉強会で同じ介護士と知り合う機会が増えるのもポイントになってきます。大切なのは、それぞれの施設などの情報交換ができることです。介護士の業界は制度改革や賃金の改善策などといった様々な施策が進行しています。どの程度制度に対応しているかでも運営者の能力などがわかるようになっているのです。

いち早く制度に対応している施設であれば、それだけ良い労働環境を提供しやすくなります。実際の現場の声としてどの程度違いがあるかを知ることは重要で、より進んだ施設であれば待遇が改善されやすいと言う目安をつけることができます。環境が良いのであれば、直接転職先の候補として選んでしまう方法もあります。

何よりも重要なのが積極的に情報を集めることで、何も知らなければ新しい選択をすることすらできない場合がある点です。より良い転職先を見つける人は情報収集の方法や、情報の確かさにもこだわっているケースが多くなっています。転職のための前段階がしっかりクリアできればキャリアにもプラスになります。

転職回数を減らせれば同じ職場での昇給が見込めるため大きなプラスになるのです。リーダー経験などを積むためにあえて小さな施設や新設の施設に転職する方法もありますが、情報が少ない分リスクも高くなります。

転職を考える状態であれば同じ職場にいることの方がリスクになることもあるため、バランスを考えるのも大切です。少なくとも情報を仕入れるルートは確保した方が良く、特に地域の同業者の情報は参考にしやすい点は覚えておく必要があります。

複数の求人媒体を使うのも鉄則に

介護士の求人は非常に多いものの、媒体によって内容に偏りが出てしまう場合もあります。派遣中心の紹介か、紹介予定派遣で正社員が視野に入るかでも違いが出てきます。また、正社員募集でもキャリア別や地域別に分かれていることも多いため、自分にあった媒体を選ぶことが大切なのです。

おすすめなのは介護専門の転職サイトで、正社員用の数媒体に登録し、派遣中心の媒体にも登録を行う方法です。派遣として働くつもりがないケースでも、どの程度の相場で求人が出ているかは非常に重要になっています。産休などの一時的な人手不足から期間限定で高時給の派遣を募集しているケースもあります。地域の相場を知れば正社員であればこの程度は欲しいと言った具体的な金額がわかりやすくなります。

また、介護施設が利益を出しているのか、今後成長の余地が見込めるかも重要なポイントと言えます。例えば研修制度などを充実させている施設は、長期キャリアの人材育成にお金をかける施設であり、将来的な昇給にも期待が持てます。

逆に支援制度がなく、応募者任せの場合は給与面でもそれほど期待ができないことが多くなります。どの程度働く人に対して意識を向けられているかは重要で、有給の消化率なども併せてチェックしたいポイントになっているのです。派遣中心の転職であれば少しでも条件がいい施設の方が割に合いやすくなります。

長期の視点で見るなら、長く働けるかどうかと賃金アップをどれだけ期待できるかは重要になってきます。求人のかかっている施設の口コミを見てみるなど求人サイト以外のルートから情報を収集することも大切で、環境の良さをチェックすることも決め手になり得るのです。

紹介予定派遣を利用する人も意外と多い

同じ派遣の中でも紹介予定派遣を利用する人は意外に多く、正社員への近道となることもあります。ポイントになるのが実際に働いた施設で正社員になるかどうかを決められる点で、実際に働いてみて違和感があれば断ると言う選択肢も生まれる点です。

介護職では事前に施設見学を行うことは常識になっており、どのような環境で働くことになるか知らなければ実際のギャップに戸惑ってしまうことがあります。派遣経由であればそういったイメージのずれを防ぐことができるため人気になっているのです。注意したいのは、すぐにでも正社員で働けるようなキャリアや、複数の資格を持っている場合です。

派遣として働いた期間の賞与などでとり逃しが発生することもあります。転職で選べる選択肢が地域によっても違うため、メリットとデメリットをしっかり理解した上で選択する必要があります。長期で見れば半年程度の期間はそれほど痛手にならないケースもあるからです。

逆に正社員で転職してから数カ月で辞めてしまうとマイナスイメージになることもあります。紹介予定派遣以外で正社員の登用制度がある場合も、自分からアピールしないと正社員になれないケースもあります。制度はあってもチャレンジした人がいないため、会社側のサポート体制が整っていないということも珍しくないのです。

この場合は事前の面接で聞いておくことや、将来は正社員で働きたいことを伝えておくとプラスになります。会社側の提案を待っていても、ただ時間が過ぎるだけになってしまうケースもあるのです。正社員の採用であっても、昇給のタイミングや基準を明確に答えてくれるかで転職の良し悪しがわかれる場合があります。

介護士が不足している地域が多いからこそある程度強気に出るのも方法で、自分から発言し行動することが待遇の改善につながることもあるからです。

こちらのコラムも人気です!