どの職場が正解?介護士への転職でおすすめの職場4選とその利点

特別養護老人ホーム

現在、最も多くの介護従事者が仕事を担当している就職先の筆頭に挙げられるのが、特別養護老人ホームです。特養ホームなどの略称でも既に一般化しているこの施設は、入所している高齢者に対し、食事や入浴、着替えや排泄など様々なジャンルの介助を担当すると共に、入所者の快適な入所生活をサポートする役割を主な業務としています。

他職から介護士への転職を希望する方が実際に進む先としても最もポピュラーとなっているほか、既に介護従事者として働いている方が転職先として選ぶ職場環境としても根強い人気があるのが特徴です。特別養護老人ホームへの転職で介護スタッフが得られるメリットには様々な要素が挙げられますが、代表的な物として

  • 安定した給与や雇用契約が提供されている
  • 入所後すぐに正社員として採用される率が高い
  • シフト制が採用されている反面、仕事内容は固定化されていて覚えやすい

などが挙げられます。特別養護老人ホームへの転職の場合、原則として採用された施設内での介護スタッフとしての作業に従事することが求められるので、会社員などのような転勤や転属などの異動がほとんど発生しないほか、仕事内容自体も担当する高齢者に対する各種介助や親族への応対などに限定されているので、仕事内容自体が覚えやすく介護初心者の方の経験や実績を積む環境としてもおすすめです。

また、慢性的な人手不足が懸念されている業種でもある事から、就職初期の段階から正社員として採用されることが多く、現在、フリーターや派遣社員などいわゆる非正規雇用の形で働いている方でも正社員として勤務することで職務経歴を積むことができます。

このほかにも、老人ホームには国家資格である介護福祉士など資格取得者の定数配置が義務づけられており、こうした資格取得者を施設内で人材として確保する目的から介護スタッフに対して継続して人材育成や資格取得支援を行っている老人ホームが増加しています。

ただ介護スタッフとして働くのではなくスキルアップやキャリアアップを仕事と並行して行いたいという方にとって、それが実践できる点でもおすすめです。

サービス付き高齢者向け住宅

現在、他者からの介助や介護が必要ないながらも、将来的に介護の必要性が求められる高齢者の方に対し、新しい介護サービスとして提供され人気を博しているのが、サービス付き高齢者向け住宅施設で、「サ高住」などの名称でも親しまれています。

これは、一般的なマンションなど集合住宅に高齢者が入居し、入居している高齢者に対してマンションの管理側が介護士など専門スタッフを常駐させ建物内や各居室内で様々な介助サービスを提供する施設のことで、特別養護老人ホームなど介護を専門的に取り扱っている施設とは違い、原則としてマンションの体を備えた居住性や利便性を重視した住宅に当たります。

24時間体勢であり入居者が希望すれば直ちに介護サービスが受けられる反面、通常は一般的なマンションなど集合住宅と同様の居住性や快適性、プライバシーが保たれており、居住者だけでなくそこに常駐する介護スタッフにとっても働きやすい環境が構築されている点が魅力の1つです。

また、介護スタッフとして常駐する従業員側も、入居している住民から介護や介助の希望要請が行われた段階で作業に従事するため、継続介助を必要とする入所者が入居している老人ホーム等と比べ、仕事量や負担の面でやや働きやすい環境が提供されています。

このほか、入居者についても原則として自立生活が行える方を限定している施設が多く、実際の入居者も自立から軽度の要介護者が中心となっていることから、食事介助や入浴介助などの各種介助業務の回数や負担自体が少なく働きやすさの自由度が高い点が介護従事者からも人気を集めており介護業務初心者の就職先として特におすすめです。

以前まで、その施設の少なさや認知度の低さから求人情報などでもその求人数自体はあまり多くありませんでしたが、サービス付き高齢者向け住宅に対する入居希望者の増加や高齢者からの人気の高まりと共に施設の数も増加しており、最近では介護士に関する求人でも多くを占めるに至るなど、介護士の代表的な転職先や就職先へと成長しています。

ホームヘルパー

特定の施設内で、入居や入所している高齢者に対して介護や介助を執り行う介護従事者とはやや違った形で運営されている介護事業の1つが、ホームヘルパーです。訪問介護などの名称でも一般的ですが、その名の通り、介助や介護を希望する高齢者の自宅に直接赴き、自宅内や外出時の介助を担当する業務が中心です。

このことから、ここで働く介護士については原則として外回り中心の業務が課せられており、営業職のような形で日々仕事を担当します。介護業務自体は、要介護者の自宅内や外出同伴時に限って行う為、常駐型の介護施設で働く場合と比べ、介護業務に従事する時間が少ない点がメリットに。

また、常駐型の施設と違い担当する要介護者の数を多くこなすほどに給与や待遇が向上する歩合制を採用されている事業者が多いのもこの就職先の特徴で、より多くの仕事をこなして高収入を得たい人ほどおすすめの就職先です。

一方、特定の施設内で介護を実施するのではなく各スタッフが担当する要介護者の元まで連日通う必要があることから、普通自動車免許など特定の資格を取得している人しか採用されません。このため、転職や就職を果たす為には、事前にこれらの必須資格を取得しておくことが求められます。

また、常駐型の介護従事者と違い、原則として早朝から夕方までなど日中に限ったサービスを提供している事業者が多く、夜勤や残業などがあまり多くない点も特徴で、このことから、パートタイマーや派遣型の介護士として働く事を希望している層にとって最も働きやすい職場環境である職場として支持されており、求人情報や派遣会社の派遣先企業としても広く採用されています。

総合病院

介護士というと、一般的なイメージとして老人ホームや訪問介護など介護をサービスの中心として据えている施設が代表的な就職先に挙げられますが、介護サービスが現在の段階にまで確立される以前から介護士の就職先として活用されてきたのが、総合病院などの医療機関です。

複数の診療科と入院設備を持つ総合病院など大型の医療機関を中心に、入院している高齢者に対する介助サービスは古くから実施されており、看護師など看護を担当するスタッフだけでなく介護を担当する介護士も広く採用されてます。

介護専門の施設への就職と比べ、待遇面の良さが際立っている点が特に就職におすすめな要素の1つであり、給与だけでなく福利厚生面でも拡充された内容が提供されています。

また、グループホームなどでありがちな介護面だけでなく医療面での対応が求められる職場環境とは違い、看護師や医師など医療の専門家が同じ職場に常駐しているので、介護や介助業務に集中して従事可能な手軽さも、この就職先ならではの特徴です。

更に、医療機関では介護スタッフに対する教育や技術向上も率先して図られているところが多く、将来的に国家資格となる介護福祉士への取得支援や研修会の実施、ケアマネージャーなど介護施設に欠かせない重要な役割を担う人材の育成なども率先して行われるなど、将来的に介護士として長期間にわたって勤務を希望する人ほど、満足度の高い就職先の1つと言えるでしょう。

こちらのコラムも人気です!