待遇を更に高めよう!介護士の年収をアップする3つのポイント

介護士としての年収と待遇

d9fec3c2c221359e0c42449a14781beb_s

平均的な年収額で推移

高齢者の急増と共にニーズが高まり、現在では人手不足さえ懸念されるようになった職業の1つである介護士は、若年世代が就職先として選ぶ仕事としても注目されています。一般的な介護士として、特養老人ホームなど高齢者施設で働くことで獲得できる年収額は、平均約350万円前後といわれています。当然ながら、勤務初年度における平均年収額は300万円未満と、あまり高くないという点が特徴です。ただし、介護士特有の特徴として、

  • 介護福祉士資格の取得
  • 10年を越える勤続年数

という2つのポイントを熟すことで、通常の年収など待遇よりも更に高い報酬を受け取ることが見込めます。特に、介護福祉士資格は国家資格として運用されている点などから、介護士が待遇向上を目指す上で大きなポイントです。また、同一施設で勤続10年を越えた段階で、年収額を含めた待遇条件がやや向上しやすくなるのも、この職業ならではの特徴の1つに当たります。

一方、最近では派遣型の介護士職や求人が増加していますが、正規雇用の場合と比べると、派遣型は働きやすさが向上する反面、年収など待遇面では更に低い金額で推移しているのが実状です。

年収額をアップさせる3つのポイント

137b587fcc7e747ebea6110340589db4_s

都市部の高齢者専用施設への就職・転職

現在、介護士として高齢者専用施設などで勤務されている方が、最も簡単に年収額など待遇条件をアップさせる方法として活用できるのが、都市部に点在する高齢者専用施設へ転職あるいは就職するという方法です。全国平均での介護士の平均年収額は約350万円である一方、大都市圏など都市部に限ってみると、平均年収額も400万円を超える額で推移しており、地方部よりも有利な条件が提示されています。

これは、大都市圏ほど最低賃金額を含めた平均的な収入条件が高く設定されているという点をはじめ、都市部の高齢者専用施設ほど安定して入居者の獲得が実現できているため、施設自体の収入が安定している点にも関連しています。反面、郊外や地方部の高齢者専用施設では、慢性的な入居者不足による収入悪化などが発生しており、こうした影響が人件費にも強く反映されているのが現状です。

夜勤中心の勤務に変える

できるだけ勤務地を変更せずに介護士としての年収額をアップさせる方法として利用できるのが、勤務スタイルの変更です。特に、現在、早朝から夕方にかけての日勤で勤務されている方は、これを日勤ではなく夜間勤務に転換するだけで、一気に年収額をアップさせられます。

介護士に提供されている給与は、時給換算で約1500円前後が平均となっている一方、夜勤として勤務することで、この平均時給が一気に2000円〜2500円程度に増加します。これは、夜間勤務による深夜勤務手当など福利厚生面での待遇が加味される為で、夜勤中心の介護士勤務を実践するだけで、1ヶ月当たりの給与が数万円単位で大幅にアップします。

資格取得を目指す

高齢者介護を主要業務として熟す介護士という職業は、一般的には介護スタッフという名称で呼ばれており、介護士という資格自体は存在していません。一方、介護スタッフとしての適切な知識や技術と実務能力を有していることを公的に証明する国家資格として、介護福祉士という資格が現在提供されており、これは介護スタッフにおける最も優れた資格として認められています。

現在、介護士として業務に従事されている方は、この介護福祉士という国家資格の取得を目指し実際に取得することで、転職を実践しなくとも、同じ職場で更に好条件の待遇を獲得することが見込めます。実際、介護スタッフを求める高齢者専用施設の中には、介護福祉士資格を有している人材を優遇する所も多く、資格を取得しておくことで介護士としての立場が更に強くなるだけでなく、年収アップなどの恩恵も得られるでしょう。

こちらのコラムも人気です!